顔のたるみの解消にはマッサージ

年齢の経過と共に気になるのが顔のたるみです。こればかりは、どうしても免れることはできないものではありますが、自身の努力次第で、それを減らすことはできます。日々のマッサージを継続することで、10年後、20年後に顔の表情に大きな差が生まれてきます。まず、自身の顔にどこにどんなたるみがあるのか、敵を知ることが一番大事です。やみくもに顔のたるみマッサージをしていても、変化は少ないでしょう。たるみは、老廃物や脂肪が溜まることで、蓄積されていきます。リンパの流れをスムーズにすることが、とても大事です。しかし、誤ったマッサージをしてしまうと、逆に炎症を起こしてしまったり、よりリンパが詰まってしまう恐れもあるので、やみくもにやるのではなく、リンパの流れに沿って行うことが重要です。また、老廃物は日々溜まるものです。一度やったから大丈夫、ではなく、日々繰り返して習慣化することが、たるみの予防にもなります。マッサージの効果的な時間としては、バスタイムです。体全体もリラックスした状態で行うことは、自律神経にも効果的に働きます。日々の生活習慣も見直すことが、たるみ予防にも繋がります。姿勢を正し、右左、両方で食べ物は噛む。常に口角を上げるなど、ちょっとしたことの積み重ねです。また、時間がある時は、マッサージにプラスして、口の体操も効果ありです。少し上を見るように顔を上げ、口をめいいっぱい開け、「あ、い、う、え、お」と発音してみましょう。最初は5回やるだけでも疲れるほどです。繰り返し続けることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です