美容専門学校大阪編

二重になりたいときは美容クリニックへ

アイドルやファッションモデルは皆、二重でぱっちりした目をしているものなので、少しでも近づきたくて、アイプチやマスカラなどを使い、アイメイクに時間をかけている女性は少なくありません。

しかしメイクを落とせば元に戻ってしまいますし、長期間アイプチなどを使うと、まぶたがかゆくなったり、たるんだり、色素沈着を起こす可能性があるので危険です。それに忙しい朝に、メイクに時間をかけたくもないでしょうから、思い切って美容クリニックへ行って、確実な二重を手に入れるようにしましょう。

美容クリニックで行う二重まぶた治療には、埋没法と切開法がありますが、埋没法ならわずか5~10分ほどで済むので、高い人気があります。医療用の細くて安全な糸を用い、希望のラインで二重のラインを作る方法なので簡単ですし、切開法と比べると、腫れも少なくて済むのでおすすめです。

顔にメスを使うことに抵抗のある方は多いですが、埋没法の場合はメスを使わないのであとが残りませんし、気にいらない場合は元に戻したり、二重の幅の変更を行うことも可能です。美容クリニックに行くと、まず最初にカウンセリングが行われますから、そこでどんな二重にしたいのかをきちんと伝えることが大切です。

埋没法はやり直しがきくとはいえ、何回も行うのは嫌でしょうから、カウンセリング時にしっかり話し合うようにしたいですね。人によっては埋没法よりも、切開法が向いている場合もあるので、医師の判断に従うようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *