美容専門学校大阪編

大阪の美容学校を選ぶ場合

大阪の美容学校の大半は特定法人による運営ですが、中には関連業者の協同組合が運営している場合もあります。

このような学校は業界と関係が深いので、就職面で有利になるメリットがあります。卒業後のサポートも充実していることもあり、様々な面で支援が受けられるのも魅力です。美容教育施設は有資格者養成施設と業界系スクールに分けられ、前者は厚労省の規定に沿ってカリキュラムが組まれています。それに対して後者は様々なタイプがあり、カリキュラムの組み方も千差万別です。業界系でも厚労省の規定に沿って、カリキュラムを組んでいるところもあります。

但し施設や設備に関しては規定がないので、スクールによって差があるのが実情です。因みに、厚労省の認定を受けていないと、卒業しても国家試験の受験資格はありません。大阪の美容教育施設の大半は、専門学校として運営されています。それは専修学校制度の一課程で、一定以上の文部省規定を満たしている施設です。入学資格が高校卒業以上や、年間の授業時間が800時間以上などが挙げられます。

厚労省の有資格者養成施設は、専門施設の設置基準を上回ります。それ故、養成施設の多くは専門学校の認可も受けているわけです。実際、業界系の専門施設と授業内容は殆ど変わりません。それ故、大阪で美容スクールを選ぶ際には、専門課程か専修課程か迷わなくても良いということになります。事実、美容師養成施設は厚労省と文部省の、二つの省庁にまたがって認可を受けています。それだけ他の専門スクールより教育内容がしっかりしているわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *