美容専門学校大阪編

大阪の美容学校で実施されているインターンシップとは

美容師や理髪師になるためには、高校を卒業してから美容専門学校に通う必要があります。

カット技術・基礎医学・メイク方法・着付けなど美に関する知識と実技を2年間の間に習得してから、毎年2月に実施されている国家試験を受けて合格をすれば資格が与えられます。昨今は美容師という職業に人気が集まっている影響で、全国各地にたくさんの学校が誕生していますが、その中でも大阪の専門スクールでは「インターンシップ制」と呼ばれる独自のカリキュラムを組み込んでいるところが多く見受けられます。大阪には2018年現在、計54校の美容専門スクールがあります。

そのうち41校では1年次から週1回のインターンシップという課外授業が実施されており、生徒は指定されたサロンに赴いてスタッフと同じように仕事をしています。このインターンシップの良さは、学校では学べない接客術を現場で学べるというところでしょう。昨今では大阪のみならず、東京でもカリキュラムに取り込まれているところが現れていますがまだ数は少ないのが現状です。

大阪の多くの専門学校でインターンシップ制を組み込んでいるのかというと、美容サロンの数もまた市内だけで計3500件という数で存在していることが理由に挙げられます。サロンの数が多いことで、現地研修で受け入れられる生徒数にも余裕があるので研修授業を実施できるということです。学生時代から実際に職業訓練を兼ねられることは、よりスキルを磨くのに打って付けの環境であるといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *